ストゥーエ プチポアン刺しゅうの部屋

ストゥーエとはノルウェー語で居間のこと 日々の生活と手芸の記録

2018.05.23.Wed

ノートカバー完成

プロジェクトノートⅡは食卓にPCと一緒に置かれていて、
いつも目に入る

DSCF0703.jpg

白い余白が気になる

DSCF0703-2.jpg

気になる

DSCF0703-3.jpg

やっぱり気になる

というわけで、

DSCF0706.jpg

完成

スウェーデン刺しゅうは布の表面に渡った糸をすくって刺していくので、
仕立てた物にも簡単に刺せます
今回はその特徴に救われました

中のブックマーカーは蝶々みたいな模様
かわいらしくて気に入って採用しました

DSCF0711.jpg

スポンサーサイト
2018.05.18.Fri

A5ノートカバー

長期プロジェクトのために、パッチワークでノートカバーを作ったら、
便利だし、丈夫だし、愛着もわいて、
プロジェクトを完了後、約2年間の記録を振り返るのも楽しいものになりました

次のプロジェクトノートにも
ペン差しや、ブックマーク付きのカバーを作りました

DSCF0704.jpg

今回はA5サイズ
スウェーデン刺しゅうの全面刺し
25番刺しゅう糸使用

DSCF0696.jpgDSCF0698.jpg

DSCF0703.jpg

刺しゅうの後一度洗ったら、思ったよりも縮んたので、
仕立てて白生地が出ている所は、刺し足すかもしれません



2018.05.09.Wed

雑草のお勉強

連休の前半は暑いくらい、中日を挟んで後半は爽やか、
とにかく外で活動するのに過ごし良かったです

というわけで散歩三昧
地に這う雑草にも名前があるらしいと
デジカメと本を持って道端の雑草の勉強

シバ系スイバ
タケニグサもじゃ草

まだ顔を出したばかりだけど葉の形は様々
↑左下のタケニグサはこの先どんどん背を高くするらしい

ナズナ系ゆり系
オオマツヨイグサマムシグサ

↑右上のナズナ系は沢山あって、花が咲くまで名前は特定できないです

シロツメクサスミレ2
イチゴ系スミレ1

花が咲いているとわかりやすいですね

キュウリグサタネツケバナ

↑左は勿忘草に似た花でしたが、キュウリグサ( ..)φメモメモ
花がとても小さく、草丈も違います
じっくり見ながら歩かないと、きっと雑草の一つとして目にも止まらなかったでしょうね
↑右のタネツケグサも草丈が低いので、よくよく見ないと見過ごしてしまいます

雑草は季節が進むと次々に目を出し、背丈も変わってくるので、
観察は新しい趣味になるかも


2018.04.23.Mon

レースは白の訳

冬物の洗濯やら片付けをして、
身の回りの小物もさわやか仕様に
方眼編みのランチョンマットを出しました

DSCF0593.jpg

この手のレース物はシミがつくことを心配して
なかなか使えないと聞きますが
私はコーヒータイムに使ったり、夕食の大皿の下に敷いたり
ガンガン使います

DSCF0594.jpg

当然、食べこぼしのシミだらけ
時々漂白剤で染み抜き
最強・裏の手はカビキラー
もちろん白だから許される方法です

編んだままになっていたタティングレースのブレード
使いたい場所がようやく決まってたのですが
こちらも汗シミが出てきていました

DSCF0597.jpg DSCF0598.jpg

つけ置き時間が短かった?
先に石けんで洗うべきだった?

仕立てまで再チャレンジ!


2018.04.13.Fri

今年の桃

毎年この時期には、山梨の桃源郷に桃の花見に行っています

DSCF0570.jpg DSCF0582.jpg

今年は甲斐駒ヶ岳も八ヶ岳も南アルプスもよく見えました

DSCF0580.jpg DSCF0579.jpg

私のデジカメではこの程度ですが、大きなカメラを持った方やお花見の方が結構いらっしゃいました

行きの高速道路から富士山も

IMG_1046.jpg



 | HOME |  OLD »